「儀式」に「意味」などない

「儀式」に「意味」などない

このページは下記書評の一部です。
【書評】死体の経済学

 

葬式というのは、ある意味実態のないものだったということに、多くの人が気がつき始めています。

 

しかし、習俗とか、伝統とか、儀式とか、そういうものはもともと、その行為自体に意味があるものではない。儀式とは、もともと「何もないことに意味とか価値を持たせること」という、指摘はなかなか本質をついている感じもします。

 


Tetesan ....javanesse traditional wedding ritual / micro.cosmic

 

これを語るのは、本書で、長い葬儀業界の経験を活かして、業界の裏側を暴露しまくる「野口」なる人物。また、これまた、仮名で登場する「佐野」なる人物も、ほぼ同じことを述べています。

葬儀は「儀式」であれば適正な市場価格などない

 

「葬儀というのは不思議なものでやすければいいというものじゃない。たとえば、こちらが1万円の棺をすすめても、それじゃちょっとおじいちゃんがかわいそうかな・・・なんて言って10万円の棺を選ぶ人も多い。要は、遺族が満足を得られるかどうかという話。だから本当は原価がいくらかなんて議論は無意味だし、知らないほうがいい。そもそも「儀式」って何もないことに意味や価値を持たせるものでしょ。」(P28)

 

「佐野氏の主張はこうだ。そもそも「葬儀」とはサービスではなく、「儀式」なのだから、適正な市場価格など存在しない。その遺族が満足できる金額が葬儀のカネなのだという。葬儀に10万円しか払えない遺族に対しては、それなりの儀式を提供し、逆に1000万円でも払えるという遺族にも、それに合った儀式を提供する。「カネで計ることの出来ない心の平安を提供する仕事」それが葬儀屋だったというのだ。

 

だから、その収益構造というカラクリを明かすことはマイナスだった。儲けられなくなるからではない。儀式が実は単なるカネをかけたサービスだったということがわかってしまうと、人々に「心の平安」を提供することができなくなるからだ。わかりやすくいえば「葬儀」というものの価値が下がってしまうのだ。」(P217)

 

「葬儀費用の低価格路線である。明朗会計を謳い、全てパックで安心のできる値段にしましたと掲げることは、裏を返せば「すいません、今まではかなり上乗せしていました」と認めてしまうことでもあるからだ。そういう意味では、たしかに佐野氏のいうように「おわりのはじまり」なのかもしれない。」(P218)


原価がいくらだから、ぼったくり。原価がこれくらいで、赤字覚悟だから良心的。そういうものではないと。激安を売りにした、小売店じゃない。儀式としての葬儀は、流通商品とは違うという論調です。

 

この前提にあるのは、顧客に「満足」を与えられればそれでOKという市場原理です。なんだかんだ需要と供給からなる市場は正直ですから、どれほどぼったくりだろうと、格安だろうと、消費者が求めるものは、サービスとして大きくなるし、どれほど良心的だろうと、いらないものは駆逐されます。今や、葬儀という1つのビジネスも「儀式」を離れ、1つの「サービス」とみなされているということでしょう。

 

つまり、葬儀はもはや「儀式」ではない、と消費者は断じ始めている、ということです。

 

イオンのお葬式が、お葬式業界に参入したのは、大きなことだったと思います。この点は、以前、書評もした「お葬式にお坊さんは要らない」の中で、興味深い論点で書かれています。(葬儀は宗教儀式なのかサービス業なのか

 

イオンは、流通業者として当然のこととして、価格を透明化した。そして、サービスの質を保証した。これが、仏教界や宗教界の反発を買った。「いやいや、葬式ってのはそういうものじゃないだろ、儀式はサービス業じゃないんだから、原価とか定価とか無いので」そういったわけですが、実際には、そんな論理は、もはや崩れているわけです。イオンのお葬式が参入することによって、儀式としての葬式が崩れたのではなくて、すでに消費者の価値観が崩れていて、その隙をついて「流通業者」が入り込んだのです。価格が不透明で、顧客に「満足」を与えることができていないビジネス界があるということに気がついて。

 

 

そうだとすれば、前述の葬儀業者2名がいうことは、一時代前の論理だと言えます。

 

葬儀を「儀式」とみなし、そこに特別な価値を付与することで消費者が「満足」を得ることができた時代もあった、でも、今は違うということです。

 

「感謝の気持ち」という「対価」

葬儀を「儀式」ではなく、単にサービス・商品と見たときに、それは他の業態と同じように、顧客に「満足」を与えなければならないし、顧客が「感謝」したときに「対価」が発生しなければならないという、ごく当然のことがあるだけなのです。旧形態の葬儀業者は、この「満足」を与えられなくなっているということでしょう。

 

 

「もともとは葬儀屋がもらっている葬儀代だって、心づけみたいなものだったんです。身内のためにアカの他人がいろいろと一生懸命に世話してくれる。そのことに対する感謝の気持ちだった。だから原価がどうかなんて話は実は本質的ではないんです。坊主のお布施だってそう。すべては「心づけ」で動いていたものだったんです。それがいつからか、葬儀が本来のサービスから離れたカネ儲けに変わってしまった」(野口氏)P214


一時代前の葬儀を語る上では、「心づけ」という習慣が欠かせないのですが(今はほとんど失われている習慣です)もともとは、やはり「感謝の対価」だったということがわかります。昔は、ムラ社会で、または大家族で、1つのコミュニティの中で行えた葬儀を、今は「アカの他人」にお願いしなければならない。「ご面倒をかけるね、ありがたいね」、この対価が、心づけであって、これが、葬儀屋さんの収入のようなものだったわけです。広義でとらえるとですが。

 

今は、「儀式」としての葬儀には、顧客は「ありがたい」と思わなくなっている

 

ただ、それだけの話なのです。自然に「心づけ」を払いたいと思わなくなっている。「儀式」を無意味なこと、空虚なこと、とみなすようになっているのです。だからこそ、「感謝の対価」をもらう、葬儀周辺ビジネスが隆盛しているというのが本書の述べる主な内容です。

 

「たしかに、従来の葬儀ビジネスは崩壊したという意味では「おわり」かもしれない。だが、その一方で新しい時代に向けた「死」にまつわるビジネスは着々と生まれているのだ。」(P219)

 

たとえば、本書には、葬儀業界から「納棺師」に転職した「佐野」(仮名)という人物の経験が、載せられているわけです。

 

彼は、腐乱死体や変死死体を専門で扱っていました。そんななか、交通事故で娘さんを亡くしたお父さんに出会います。娘さんの遺体は、顔の右半分が損傷して、肉片がはみ出るようなものだったと言います。お父さんは「なんとかしてほしい。」と涙ながらに、彼に頼みます。その涙を見て、なんとかしてあげようと、遺体を必死で「修復」します。

 

 

「裂けた傷を釣り針で縫い合わせ、それをファンデーションで出来る限りわからないように隠してやったのである。もちろん今のエンバーミングなどの技術に比べたら稚拙な修復作業である。それでも、父は泣きながら佐野氏に「ありがとう、ありがとう」と何度も言った。

 

佐野氏の中で何かが変わった瞬間だった。

 

「人が嫌がるような遺体ということは、裏を返せば、遺族は困っているのだという当たり前のことに気づきました。それと同時に、葬儀業というサービス業の中で決定的に欠けていることがわかったんです」(P114)


佐野氏は、ここで顧客から「ありがとう!」という言葉を受けて、まさに対価をもらうに値するサービスを提供出来たということに気づくのです。そこで、レンタル料などで暴利をむさぼる葬儀業界を抜け、納棺師として歩み始めます。

 

この同じ考え方は、「死体とご遺体(夫婦湯灌師と4000体の出会い)」の熊田さんも述べています。お客さんから手を握って感謝される、涙ながら感謝される、こんなにしてもらって(遺体を洗って清める)ありがとうと感動される。こんな仕事は無い、というのです。

 

感謝され、満足するという対価を手にしているのは、「儀式」としての葬儀社ではなく、遺族も出来ないことを行う「サービス業」としての葬儀周辺ビジネスになっているということがよくわかります。どの業界も、消費者が求めるものを提供していかなければなりません。そうであれば、葬儀業界が大きな流れの中で、方向転換を計る時期に来ているというのは別段不思議ではありません。

 

 

このサイトで薦めているように、葬儀は儀式部分をなくした「直葬」で、そして、遺族は、遺品整理や、清掃、死体の保管技術などに投資する時代が来ています。必要のあるところには、いくら払っても惜しくないけれど、必要の無いサービスには1円だって余分に支払いたくない、これはいつの時代も、世の常、人の常ですよね。

 

そう思われませんか?

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

葬儀に関わる「原価」と「不透明な価格」
葬儀にかかる費用の原価は?不透明な価格の実態に迫っていきます。ドライアイスの原価、祭壇の高額なレンタル料。
エンバーミングは「儲からない」
遺体保管技術としてのエンバーミングは期待を寄せるサービスですが、実際には消費者にとっては価格が高く、葬儀社にとっては「儲からない」商品なのだとか。