【書評】葬式は必要!

「葬式無用論」への反論

本書の中でも何回も触れていますが、この本自体、「葬式は、要らない」に対する反論本としての意味合いが強くなっています。「葬式は、要らない」以来、とにかく、葬式無用論が大いに幅をきかせるようになりました。著者は自らも強い信念を持って、葬儀会社を運営しているために、世に自分の考えを問うことにしたに違いありません。

 

「無縁社会」と「葬式無用論」

 

「葬式無用論の多くは、葬式改革論という論理によって解決できることがわかります」(P21)

 

「無縁社会も、葬式無用論も、その背景は同じだと思います。それはコミュニティが崩壊しつつあるということ、そして人間関係が希薄化しているということです。・・・冠婚葬祭業のインフラはやはり豊かな人間関係につきます。まずは、そのインフラを整備しなければいけないと考えています。」(P64-65)

 

「現在、日本の社会を表現して「無縁社会」などという言い方がされます。血縁、地縁、すべての「縁」が絶たれた絶望的な社会だというのです。わたしは無縁社会を解決するひとつの方法は、葬式について積極的に考えることだと思います。葬式をイメージし、「自分の葬式はさみしいものにはしない。お世話になった方々に、わたしの最期のセレモニーに立ち会ってもらうんだ」そう思うだけで、人は前向きに生きていけるのではないでしょうか。葬式を考えることは、今をいかに生きるかということにつながってくるのです。」(P112)


「葬式無用論」を唱える本を多く読んで、これは、私も感じていることですが、本当に葬儀そのものが要らないというよりも、今の葬儀の形を変えなくてはならない
という葬式改革の動きが、必要なことであるということです。

 

葬式仏教の批判、高額なお布施の批判、既存の仏教への揶揄などでひたすら「葬式無用論」がとりあげられることも多いのですがだからといって、葬儀そのものが不要になるわけではありません。著者の目のつけどころはシャープであり、葬式の形態が変わりつつあるのは、社会の形態が変わってきたことにあると説きます。これは、島田氏のもう一冊の著書「人は一人で死ぬ」で得た着想でしょう。

 

 

島田氏は、この書籍の中で、我々が「ムラ社会」に背を向けるようになり「有縁社会」から「無縁社会」を自ら選択してきた、ということを指摘しています。それゆえに「孤独死」も自ら選んできたものであるという興味深い問題提起をしています。著者の一条氏はその論法に基づき、現在の葬式無用論と無縁社会の類似点を説きます。

 

豊かな人間関係の喪失が、葬儀の無用論の基になっています。

 

たとえば、葬儀では何十人、何百人、参列者が来るわけですが人と人のつながりが希薄になった現在においては、大規模な葬儀を開いても、「あまり参列者が来ないかもしれない、もしかしたら、ガラガラかもしれない。そうなったら恥だ。」この恐怖が大きく、遺族は「直葬」やシンプルなお葬式を望むようになっています。だとすると、

 

葬儀がどんどんシンプルになっているということは、
人間社会の豊かさが、失われていっているという意味になります。

 

そこで、著者独特の、葬式論が生まれます。

 

葬式は最後のセレモニーとして必要である、どんな葬式をあげたいか、だれに来てもらいたいか、このことを考えることは、今からでも豊かな人間関係を取り戻す十分なモチベーションになる。

 

葬儀という「儀式」を通じて、著者は、「有縁社会」を再構築したい!
そう願っているというわけです。

 

少し、話が壮大になりましたが、これこそ、ミッションをもって仕事をしている、ということの意味だ私は、そう感じました。単にお金が儲かるから葬式業を営んでいるわけではない、葬儀を行うことが、ひいては日本社会全体の豊かさにつながっていくのだ、この感覚です。

 

興味深い「葬式有用論」です。

 

私はどちらかといえば、島田氏の論調に賛成で、「無縁社会」を選んできた、私たちの願いが帰結したところがシンプルなお葬式であり、それを回帰させる必要は感じていないのですが、著者の一条氏の「葬式有用論」は一聴の価値があると思いました。

 

小まとめ

葬式無用論の背景にあるのは、人間関係の豊かさが失われた無縁社会である。豊かな葬儀を行うことにより、無縁社会を克服し新たな有縁社会を築くことができる。

 

あわせて読みたい

 

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

「かたち」としての葬儀必要論
愛する人を失って動揺した心には「かたち」としての葬儀が大切だという、本書の中心的な主張が興味深いものと感じます。
自分らしい葬儀をあげるために
自分らしい葬儀をあげるための葬儀社とのつきあいかたを一条氏が説明します。自らも葬儀業者ですので、実際に望み通りの式をあげるために必要な条件を提示していきます。