【書評】葬式は必要!

【書評】葬式は必要!

葬式は必要! (双葉新書)

 

 

 

私が、葬式・葬儀に関心をもったきっかけは、島田氏の「葬式は、要らない」ですから、勢い、気持ちは葬式不要論に偏っていました。

 

 

しかし、本書を筆頭に、「葬式必要論」を唱える人も多くいます。仏式葬儀の批判、高額なお布施、葬式仏教という観点だけではなく葬儀の「意味」について考えると、単に「高額だから」要らない、とか「面倒だから」要らないとか、そういうのではなくって、これまでの伝統にはそれなりの意味があるのだということを感じさせられています。著者の一条氏は、

 

自らも冠婚葬祭業を営む「葬式必要論」者として
強力な論議を展開していきます。

 

ヨシ・ノリハラの感想

 

 

「葬式は、要らない」への反論本でしたが、葬儀社経営者としての立場も興味深く読むことができました。とりわけ、「かたち」としての葬儀が大切だという
儀式論とも言える深い思考パターンは参考になりました。

 

また、葬儀を通して、無縁社会の孤独を癒やすという独特のミッション、熱い気持ちも感じることができました。この日本の風潮は変わらないような気がしているとはいえ無縁社会からの脱却を願う一人の葬儀社社長の熱い思い、これもまた興味深いものでした。

 

最後に、実際に葬儀社とのつきあいかたはすぐに参考になる点が多くとりわけ、葬儀を計画するに当たり、儀式、遺骨、この2つだけをよく考えておくと良いというのがはっきりわかり良かったです。これも、私の終活財産になりました。さて、著者の一条氏は、代表作「ロマンティック・デス」など、

 

 

死生観や葬儀に関する見方も独特な作家ですから、終活読本としては外せない著者ではないかと感じます。読んでよかったです。


 

 

あわせて読みたい

 

 

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

【書評】葬式は必要!記事一覧

本書の中でも何回も触れていますが、この本自体、「葬式は、要らない」に対する反論本としての意味合いが強くなっています。「葬式は、要らない」以来、とにかく、葬式無用論が大いに幅をきかせるようになりました。著者は自らも強い信念を持って、葬儀会社を運営しているために、世に自分の考えを問うことにしたに違いありません。「無縁社会」と「葬式無用論」「葬式無用論の多くは、葬式改革論という論理によって解決できること...

本書で一貫している葬儀有用論の根拠のもう一つの点が、葬儀という「かたち」が大事であるということです。「心が動揺していて矛盾を抱えているとき、この心に儀式のようなきちんとまとまった「かたち」を与えないと、人間の心はいつまでたっても不安や執着を抱えることになります。これは非常に危険なことなのです。この危険な時期を乗り越えるためには、動揺して不安を抱え込んでいる心にひとつの「かたち」を与えることが大事で...

著者が、葬儀社を経営していますので、このポイントにはかなり重点を置いています。私自身、自分自身の葬儀を考える上で大変整理して考えることができた点がありました。葬儀を考えるとき、決めるべき点2つ「自分らしい葬式は何を基準に決めればいいのでしょうか。基本的には次の二つを決めてください。@儀式としての葬式を、どう演出したいか A火葬後の自分の遺骨をどうしたいか という二つです。」(P81)「葬式は旅行と...