【書評】これからの死に方 (平凡社新書) 島 次郎 (著)

【書評】これからの死に方 (平凡社新書) 島 次郎 (著)

【書評】これからの死に方 (平凡社新書) 島 次郎 (著)

 

生命倫理の研究者による「葬送の自由」を論じる本です。軽い葬儀本だと思って読み始めましたので、途中で、倫理的な問題に触れ、頭がこんがらがってしまいました。火葬がよくて、土葬がダメなのはどうしてか、チベットの鳥葬はどうなのか?献体が良くて、衝突実験や兵器実験に遺体を使うのが良くないのはなぜなのか?意外と自分の頭が、いわゆる育った国の「常識」で縛られていることが分かり興味深いです。

 

私にとっての新たな発見となった個所などをいくつかご紹介してみようと思います。

葬送の自由はどこまで認められるか?という問いかけ

安楽死から、遺体の適正な使用まで・・終活は気軽なものではなく、生命倫理に肉薄したテーマであることが良く分かります。人間は倫理から逃げることはできません。しかし、倫理感はある意味で、作られたものであると言えるかもしれません。国により、宗教背景により、何がタブーとされるかは異なります。遺体の処理としての散骨から話は発展し、米国では献体された遺体が実に様々な方法で用いられることが触れられています。中には、車の衝突実験に使われたり、手術の練習台になったり、兵器実験に使用される(これは法で規制?)こともあるのだとか。では、どこからどこまでが、遺体の正当な使用範囲なのか?という問いかけにこたえるのは難しいことです。

 

自分が自分の遺体をこのように使ってほしいと思えばすべてが許されるのか?そうではないのか?どこまで葬送は自由なのか?、オランダの安楽死、フランスの骨壺管理の法案、岩見沢の散骨禁止条例、様々な国や地区の事例を出しながら論じます。途中で頭が混乱してくるのですが、最終章では「送られる側と送る側が話し合って決めると良い」という、わりと普通の結論に達しています。

 

それにしても私が感じたのは国や背景が違えば、ずいぶんと、何をタブーとするのかという「倫理」も異なるのだという発見です。ここを突き詰めていくと、いわゆる「常識」を覆すヒントがあるかもしれないと感じつつ読み進めました。まあ、現在の私の筆力では、なかなか、この本を書評できないですね。簡単に見えて、小難しい本でした(笑)

書籍内容


これからの死に方 (平凡社新書)

 

現代社会の急激な変化とともに、多様化する死のあり方。過度の延命措置はしないでほしい、墓や葬式は必要ない、散骨してほしい、火葬以外の方法で葬ってほしい……など、死に方、死後の送られ方を選ぶ自由を求める声が広がっている。だがその自由は、「自己決定」の名のもとで無制限に認められるものだろうか。生命倫理の専門家が問う死をめぐる自由の範囲と制約の条件。

 

目次

序章 死を前にした自由と不自由(人は、死を知る生きものである/人はなぜ弔いをするのか ほか)/第1章死ぬのもたいへんー望みどおりに死ぬ自由はあるか(死に場所の多様化と末期医療の変化/自宅で死ににくいのは、死亡診断書がもらえないから? ほか)/第2章葬るのもたいへんー葬送はどこまで自由か(散骨の自由を求めて/自然葬運動が出てきた背景 ほか)/第3章遺体の「第二の人生」-標本や実験材料になる自由はあるか(二〇年以上前の0葬/献体が市民権を得るまでの経緯 ほか)/第4章自分と送る者と国との関わりー葬送の自由をどう認めるか(散骨を規制する自治体が出てくる/規制の理由 ほか)

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク