自分の考えを確立する

(1)自分の考えを確立する

お葬式をどうするか決めるのは、旅行の準備をするようなもの。とすれば、何から何まで計画を誰か別の人に行ってもらうわけには行きません。

 


travel luggage / MowT

 

どうしても葬儀社が提示するパッケージは自分の希望とは異なることがあります。それはしょうがないのですが、こちらが、まず何をどうしたいのか、何が一番希望していて何が妥協できないことで、どこまでなら交渉の余地があるのか?そういうことを決めておかねばなりません。そうしなければ、絶対的な意味での良い葬儀など出来ません。

 

このことに気がついた私は「遺書」がわりに、このサイトを立ち上げたわけです。葬儀については、このカテゴリで、理解した点をいくつかシェアしたいと思います。

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

自分の考えを確立する記事一覧

葬儀恐怖症だった私は、葬式というのはえらく、複雑で面倒で仰々しいものと考えていました。何から考えてよいかわからないので、避けているという面があったわけですが、葬儀本に触れる中での気付きがありました。おかげでシンプルに考えられるようになりました。とりわけ、自らも葬祭業者である一条氏の書籍は参考になりました。感謝の気持ちを込めて、引用します。「自分らしい葬式は何を基準に決めればいいのでしょうか。基本的...

自分のお葬式の準備をする人っていうのは、ほんと切羽詰まらないと多くないと思います。癌になるとか、余命宣告されるとか、そこまでいってようやく本気になると思うのですが、それでは遅いのも事実。たくさんの終活本を読む中で、見えてきたのは、お葬式を「旅行」に行く準備て考えてみたらどうなのか?っていうこと。Travel / Moyan_Brenn

結婚式は一生に一度のイベントで、それを成功させるために全力を尽くす。何ヶ月も、難週間も前から打ち合わせ、業者と徹底的に話し合う。でも、葬儀こそ、お葬式こそ、本当に一生に一度のイベントじゃないだろうか。そうであれば、徹底的に話し合い、ちゃんと「プロデュース」しなきゃ。Baltimore Jewish Council Meeting / MDGovpicsこれは「僕の死に方」の金子さんの考え方です。僕...

生前葬に関する本や、ネットの記事を目にすることがあります。芸能人はいざ知らず、一般人が生前葬を行うというのは、あまり現実的ではないように思えます。しかし、そのエッセンス、つまり生きているうちに感謝を述べ、生きてきた軌跡を確かめていくというその考え方は、大いに同意できます。ここに、直葬を選択する人たちが、現実的な観点で生前葬のエッセンスを取り入れることができる方法を提案してみたいと思います。