失敗お葬式事例

失敗したお葬式の事例

失敗お葬式事例

お葬式は突然にやって来ます(ラブストーリは突然に見たいですね)。準備ができないまま、または葬儀社に言われたまま、葬儀に臨んでしまうと、後で深い後悔の伴う葬儀になってしまいます。

 

私が聞いた例では、葬儀社に「普通の、一般的な葬儀」と言われるままに、100万以上の『一般的な仏式』をあげてしまったという例。これはよくあることかもしれませんね。他には、低価格で葬儀を行おうとしたものの、あまりに貧相な葬儀になってしまい、遺族が落ち込んだという例。

 

どちらも、遺族が何を求めているのかをしっかり、業者と打ち合わせていなかったことから来たものだと思いますが、他山の石としないように、失敗事例も集めることにしました。

 

あわせて読みたい


葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

失敗お葬式事例記事一覧

葬儀を絶対にしないで欲しいと遺言を遺す人は少なくありません。故人の遺志を尊重しようとして、結果的にもめてしまうという事例も数多くあります。島田氏の冠婚葬祭でモメる100の理由(島田 裕巳)によると、密葬にしたものの、その後、葬儀を知らされなかった友人・親族たちが次々に訪ねてきて、たいへんな目にあってしまったという人の例が掲載されています。Campus scape spring 2009 / Hir...