ボクのプロフィール

死を考え生を考える


End of the Tunnel / h.koppdelaney

 

人が生きている中で、自分は「生きている」と実感することなどほとんどありません。呼吸し、動き、眠り、目ざめ、生きていることを当たり前に感じています。自分が生きていることを強く感じるのは、死に面してからです。自分の死に直面すると、人は、生きているというのが当然ではないことに気づきます。何事も、表と裏があるように、生の裏には死があります。

 

そこから目をそむけている限り、本物の、生を手にすることはできないのでは?と思いました。

僕の死に方 金子さんの生き方

私の終活に大きな影響を与えた書籍を一冊選ぶとしたら、この本を忘れるわけには行きません。

 

金子さんは、テレビのコメンテーターとしてもおなじみで、流通ジャーナリストとしての著書もあります。ユニークな生き方を貫いた方ですが、41歳という若い年齢で「肺カルチノイド」という病に蝕まれ命を落とします。その告知から、亡くなるまでの記録500日が克明に記されています。

 

死と向き合うことは、生き方を考えることだ。

 

まさに、そう思えました。どんどんと体力が削られ、命の炎が小さくなっていくその時も、金子さんはテレビに出続けることを選択しました。まったく、周囲には病気のことを言わず。激ヤセが話題になりましたが、ダイエットに成功したと言いふらしながら、笑いに変えながら、最期まで、病のことを言いませんでした。それを告知すれば、
最期まで仕事を続けることは困難になると、感じたからなのでしょう。金子さんは、死ぬ1時間前まで仕事をする「生」を選びました。

 

「死」を考えなければ、人はこんなに必死で生きることもありません。そのことにも気付かされました。

死に方、生き方

 

もし可能なら、病が宣告されてからではなく、今、順調に生きているうちに、今の自分の「生」をちゃんと見つめておきたい、私もそう思いました。スティーブジョブズは、

 

「もし、今日が最期の日だとしたら、それでもこれをするか」

 

と自問しながら、毎日の決定を行ったようですが、死ぬことを意識しているゆえに、決して生をムダにしないように生きようと思うのではないかと私は考えました。

 

あるラインを超えると、この感覚は宗教的にもなりますが、極めて真摯な意味で、自分の生き方を考えるためにも、あえて死に向き合い、終活に励んでいるというのが私のスタンスなのです。このサイトから少しでもその熱い思いを感じ取っていただけるなら幸いです。

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

自分のエンディング
叔父の葬儀に出会い、自分の人生を自分で決める最後のプロデュースに関心を持つようになりました。
理由の無い「葬儀恐怖症」
私は葬式・葬儀がとにかく怖い、という気持ちを持っていました。今考えると、まったく未知のものへの恐怖心だったのです。調べることで克服しました。