ボクのプロフィール

ボクのお葬式(プロフィール)

 

30代男子・終活中。妻あり、子供なし。

 

なぜ?終活を行っているのか、前もって自分の葬儀を考えるようになったのか?私にとっての死生観など、このサイトを運営している「意味」をプロフィールに書きました。特に有益ではない情報ですので、お暇であれば御覧ください。

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

ボクのプロフィール記事一覧

Don't they know it's the end of the world / Bert Kaufmann私が、葬式・葬儀に関心をもって情報を集めはじめたのは、直接的には「叔父」の葬儀を経験してからです。叔父は享年75歳でした。前立腺がんから、様座なところにガンが転移し、最後には肺や、骨まで転移が進みました。余命宣告を受けてから2年あまりで亡くなりました。

Scared / Capture Queen ?自慢するわけではありませんが、私は葬式・葬儀のことを考えるだけで、怖かったのです。葬儀のマナーなどは、複雑で、とくに仏式葬儀に漂う異様な感じなどは、幼少時の私を恐れさせました。だから、誰かが亡くなって、葬儀になったらどうしよう・・・そんなことを考えていた、子ども時代でした。なんですかね、変なんですかね(汗)ちなみに、祖父は社長でしたので、私が子どもの...

End of the Tunnel / h.koppdelaney人が生きている中で、自分は「生きている」と実感することなどほとんどありません。呼吸し、動き、眠り、目ざめ、生きていることを当たり前に感じています。自分が生きていることを強く感じるのは、死に面してからです。自分の死に直面すると、人は、生きているというのが当然ではないことに気づきます。何事も、表と裏があるように、生の裏には死があります。...

Designed by Freepik終活に携わり、介護・医療の選択・終末医療・葬儀・相続・後片付け(遺品整理)という分野を考えれば考えるほど、興味深い事実に気が付いてしまいました。それは、人が当事者として考えることができる分野は限られているという発見です。そうすると、終活にも2つの分野しかないことが分かりました。