遺骨を放置すると死体遺棄になる?

遺骨を放置すると死体遺棄になる?

遺骨を放置、遺棄すると逮捕されることがあります。これは、【書評】冠婚葬祭でモメる100の理由(島田 裕巳)で知りましたが調べてみると、数多くこの件が報道されています。遺骨が、遺体と同様であるとみなされるのは納得できませんが、ひとつの可能性として理解しておかねばならないことです。

 

遺骨を放置して死体遺棄で捕まった事例

「これは最近のことですが、ホームレスの男性が、良心の骨壷を車の後部座席においたままにしておいて、車ごと駐車場に放置したら、死体遺棄の疑いで逮捕されるという事件が起こりました。焼骨が遺体であるとする警察の判断が正しいとは思えませんが、トランクに骨壷を入れたままだと、検問などで厄介なことになる可能性は充分に考えられます。」(P120)

 

 

この事件は2010年のことです、ソースを調べてみましたが、これですね。

 

両親の遺骨入れた父名義の車を駐車場に放置したとして死体遺棄容疑で逮捕されたというニュースがありました。息子はホームレスで金がなかったと言っています。
「死亡した両親の骨壷を車に隠し、仙台市内の駐車場に2年以上放置していたとして、46歳の男が死体遺棄の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、住所不定・無職の門間克彦容疑者(46)です。警察によりますと、門間容疑者は母親と父親の骨壷を父親名義の車の後部座席に隠し、おととし7月ごろから仙台市宮城野区の立体駐車場に放置していた疑いが持たれています。
 門間容疑者はホームレスで、母親は8年前に、父親はおととしに、それぞれ死亡しています。取り調べに対して、門間容疑者は金がなく、どうしようもなくなって捨てたと供述しているということです。(02日11:43)」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4566063.html

 

他にも同様の事例がありました。どれも「遺棄」したとみなされているところが、違法という判断なのかもしれません。

 

 

そして、これは2014年の例です。夜逃げした後に、マンションの一室から遺骨が発見されて、逮捕となったようです。

父親=当時(74)=の遺骨を以前住んでいたマンションの一室に放置したとして、警視庁板橋署は9日、遺骨遺棄容疑で、東京都大田区上池台、自営業、紺谷淳一容疑者(43)を逮捕した。同署によると、「遺骨を埋葬するカネがなかった」と容疑を認めている。 逮捕容疑は昨年12月〜今年3月、板橋区内のマンションの一室に、父親の遺骨を遺棄したとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/140409/afr1404090029-n1.html

 

これは少し可愛そうですが、2007年の例です。お金がなく、寺にこっそり数千円と遺骨を置いてきたところ、寺から通報されたわけですね。これが、死体遺棄容疑になるのだろうか・・・。

藤沢市打戻の日蓮宗妙福寺から二十一日、「境内に遺骨が放置されていた」と一一〇番通報が
あった。遺骨は火葬された状態で、白い布と白いレジ袋に包まれていた。
藤沢北署は、死体遺棄容疑に該当する可能性もあるとみて捜査している。

 

 同署によると、十九日午前五時ごろ、清掃中の修行僧(31)が銅像前に置いてあるのを発見した。
火葬許可証の切れ端が入っていた。二十一日になって無名の手紙と現金二千円が郵便で届き、
「供養をお願いします」などと記してあったという。

 

刑法一九〇条は、死体だけでなく遺骨や遺髪などを損壊したり遺棄したりすることを禁じている。

 

神奈川新聞
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179801972/l50

 

これらの霊は、
以下の法律で禁止されている行為に該当するわけですね。

刑法第190条は礼拝所及び墳墓に関する罪の一つとして「死体、遺骨、遺髪、または棺内に蔵置した物を損壊、遺棄または領得した者は、三年以下の懲役に処する。」と定める。死者に対する敬虔感情を保護法益とする
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%81%BA%E6%A3%84

 

何らかの形で遺骨も「処理」する必要があるということでしょうか。もし、自宅においており、丁寧に供養しているということであれば、犯罪には問われない可能性が高いでしょう。最近では「手元供養」などの方法で、遺骨を持ち歩く人もいます。しかし、それを「遺棄」しているとみなされるなら、犯罪ということになるでしょうか。

 

「死者に対する敬虔感情を保護法益とする」とありますから、遺骨を粗末に扱ったわけではないということが実証できないと、犯罪とみなされる可能性も無視できません。この線引ですね。

世も末ですな

 

しかし、お寺において行った女性のことを考えると、胸が痛いですね。永代供養料など払えなかったんでしょう。迷ったあげく、まさか通報されるとは思いもよらず。お寺も商売ですからしょうがない(そういう事件が連発したら参るでしょうしね)のかもしれないけれど、逮捕される以前にどうにかできなかったのだろうか?と思えますね。

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

一握り散骨を実践するためには
宗教学者の山折哲雄氏が提唱する「一握り散骨」を実践する方法について考えています。
遺骨をずっと家においておくことは可能か
遺骨をすぐに納骨しなければならないというルールはありません。望むならずっと遺骨を手元におくことも可能なのです。
遺骨を火葬場で処分してもらう
究極のエコ(費用がかかわない)は火葬場で遺骨をそのまま処分してもらうことです。実はこれも可能なのだといいます。