利益の少ない葬式(直葬)は葬儀社に嫌がられるか?

利益の少ない葬式(直葬)は葬儀社に嫌がられるか?

直葬・シンプル葬って葬儀社にとっては利益がほとんどないわけです。以前の記事(参考:葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ! )でも触れたように、葬儀社の儲けの主な部分をカットしているのが直葬なので、できれば大々的なイベント葬儀を行いたい葬儀社にとっては、利益の少ない葬儀は嫌がられる可能性があります。中には露骨に嫌な顔をされたり、高額なオプションを迫られたりしたトラブルの事例もよく聞きます。

 

人生の中で何度も経験するものではない、直葬・シンプル葬を成功させるコツを考えてみましょう。

対談:直葬は嫌がられる?葬儀時のトラブル事例もあり!

ヨシノリハラ スーパーでもそうですが、目玉品とか特売品って、基本的に客寄せですよね。直葬・シンプル葬を売り物にしている葬儀社もそういう側面があるのではないでしょうか?私の身の回りで聞いた話では、直葬で行えると言って受託した葬儀会社が、ぞんざいな態度でひどいぶっきらぼうに対応したということです。やっぱり安い買い物?ですから、嫌だったということなんでしょうか。

 

まあ、イヤな対応くらいで済めばそれでもいいのですが、知り合いの中には、直葬は10万代のような安いプランを見せられていたのに、いざ、火葬に向かうに際して、あれもこれもオプションといって値段を吊り上げられたという人もいます。一般的な直葬の流れに必要なものも価格に含まれていなかったんですね。そういう経験を聞くと、やはり、「普通」の葬儀を行うしかないのかな?と思ってしまいます。

 

パパノリハラ まあ、それは葬儀社がハズレだったということでしょうね。確かに、直葬は、葬儀社の儲けにはつながらず、やっつけ仕事で扱う業者もあると聞きます。例えば、シンプルなお葬式などの場合は、空いている近隣の葬儀業者を下請けとして、直葬などの安い仕事を振っていく仕組みになっていますので、あまり望んではいないけれど、渋々地元の葬儀業者が来るという事例があるようです。また、なんとか、少しでも単価をあげようと、オプションを売りつけることもあると聞きました。

 

もちろん、これは、その時、たまたま来た葬儀社の当たり外れがかなり大きいように思います。何の問題も無かった人も多いですからね。

 

ヨシノリハラ あ〜そうか、私が使用しようとしているシンプルなお葬式にもそういう弱点があるのか。どの業者を使うかを事前に選べないわけですね。そうなると、当たりはずれは確かに怖い。ううむ、安いのも一長一短ということか。

 

 

パパノリハラ まあ、そうなりますが、基本的には、シンプルなお葬式は、直葬のようなプランをしっかり謳ってますし、本当に必要なものはすべて入っているセットですから、これはこれで安心だと思いますよ。

ただ、私の母の時は、念には念をいれたかったので、あらかじめ葬儀社を選びたいと思いました。複数の地元の葬儀社から見積もりを取り寄せました。最初から、直葬のプランで見積もりをとったため、よさげな葬儀会社と担当者をあらかじめ見つけることができました。これはけっこう安心でしたのでおすすめです。

 

参考:【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

 

実際に葬儀社と話した感想ですが、まあ、直葬は確かに儲からないのですが、ある意味では、イベントも、複雑な手配も必要なく、流れ作業でこなせる仕事といえば仕事という感じです。10万以内というような「激安」の直葬だと、必要なプランが含まれているかちょっと微妙ですけど、15万〜20万を出すつもりであれば、ある程度葬儀社の儲けもあるのか、誠実にやってくれますよ。うまく回せば、それなりに葬儀社にとってもメリットがありそうな気がしますね。大規模な葬儀は、儲かるとはいえ、決して失敗が許されないので、気もはるでしょうが・・。直葬は失敗しようがないですからね。

 

ヨシノリハラ そうですね、最初からそういうことを理解して、ちゃっちゃとこなしますぜ!みたいな葬儀社と見積もりを交わしておければそれはベストかもしれませんね。勉強になりました。

まとめ

直葬に関するトラブルが報告されていたのは、まだこのスタイルが根付く前だと思います。だんだんと直葬を行う業者も増えてきましたが、15万〜20万出せば、直葬の中でも比較的にしっかりやってくれる業者が多いと思います。今はすごいデフレで、どんどん安く、安くとなっていますが、まあ、正当な儲けということを考えますと、あまり値切るのは自分のためにならないと思っています。

 

直葬でも嫌がられることはそんなに無いと思いますが、いかがでしょうか?(少なくとも私が打ち合わせした葬儀社の方はそうでした)

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

葬儀屋なしで葬儀を行うことは可能か
葬儀屋さん無しで葬儀を行うことは実際に可能か考えてみました。私は実際には、多少なりとも業者が必要だと考えてはいます。
【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました
祖母の葬儀に関係して、事前打ち合わせを行います。地元の葬儀社から見積もりを用意して、いくつか選んでおくことで葬儀がスムーズに行きます。
葬儀社が儲ける手口はどこにあるのか?流されないで冷静に判断を。
葬儀社が儲ける手口を知っておくと、いざという時に冷静に葬儀を行うことができます。正当な代価としてのお金を払うことは悪いことではありませんが、喪の悲しみにに付け込んでくる葬儀社は好きではありません。
葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!
実際に葬儀を考えたときに、葬儀社を選ぶことが必要です。病院付きの葬儀社の場合は、知らずに高額になってしまうことがあるため、生前から考えておくことが必要でした。