葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?

葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!

葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!

 

葬儀の見積書を読むのは素人には簡単ではありません。

 

直葬のような、シンプルなお葬式の形を願っているのに、実際に見積もりを出してもらうとこれでもかとオプションが乗っけられていることも少なくありません。「まあ、こんなものか」と妥協してしまう前に、葬儀の見積書の基本点来な読み方を学びましょう。意外に簡単なものです。特に直葬・シンプル葬ならね。

(対談)葬儀見積もりの読み方が難しい・・・。

ヨシノリハラ直葬が良い、シンプル葬が良いとは言うものの、実際に葬儀業者と話す際には、押し切られちゃいそうです。葬儀見積もりを出してもらったんですが、何もしない直葬をお願いしたのに30万以上するんですよね。説明を受けると、どれも、これも必要そうに思えて、結局、直葬で送るというのは無理そうに感じました。

 

パパノリハラなるほど。確かに、専門の葬儀業者と話すと、相手に押し切られそうになることがあるよね。特に「常識的」な葬儀を考える場合だけど。でも、ヨシ君の場合は、すでに「直葬・シンプル葬」というスタイルが定まっているので、それほど、難しくない話し合いになると思うよ。専門家と身構えるよりも、まずは、自分がどういう葬式をあげたくて、何が必要で、何が不要かを知っておけばよいだけだからね。

 

ヨシノリハラなるほど。直葬はこんな感じというプランは以前決めましたもんね(参考:ボクの考えた葬式(直葬)の流れ、時系列)このスタイルで行けばよいというのは分かりましたが、葬儀見積もりは非常に複雑に見えて、読み方が難しいんです。

 

葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!

 

これ、おばあちゃんの時の見積書ですけど、総額60万くらいになっています。通夜も告別式も無いプランなんですけど。もうどこをどう見てよいやらわからないんですよね・・・(涙)

 

パパノリハラいやいや、思考フリーズしなくて大丈夫ですよ。実は葬儀見積もりは分解すると、3つの項目に分けられます。

 

「葬儀の費用は「葬祭費用」「飲食費用」「寺院費用」の3つに分けて考えます。 「葬祭費用」はさらに3つに分けられます。「祭壇、棺、仏具一式、外回りの幕や看板、運営費」など葬儀会社に直接払う費用、「火葬料、車両代、式場代、返礼品」など葬儀会社が立て替える費用、「心づけ」などその他の費用です。」

 

「多様化する生きかた、死にかた: 終活、介護、葬儀、遺品整理まで」(Mic9) Kindle版 Mic9 (著)

 

直葬・シンプル葬の場合は「葬祭費用」だけを見ればいいのは分かるね。お通夜も告別式もしないので、飲食費用はいらないし。宗教者を依頼しないので「寺院費用」もいらないよね。しかも、葬祭費用の中の「棺・火葬料・車両(運搬)・安置室費用・雑費」などを見ればいいわけだね。葬儀をイベントとして考えないだけで、数十万〜数百万ともいわれるほとんどの部分、費用を圧縮できるんだよ。(参考:一般的な葬式の費用はどのように決まるのか

 

ほら、これは、うちが20万以内で直葬・シンプル葬を見積もったときの見積書の一部。

 

葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!4

 

こんなに簡単になるわけだよね。こちらの意思が明確なら、葬儀社さんも、あわせてこういうシンプルな葬儀見積もりをくれるんだよね。

 

ヨシノリハラそうか!そう考えると見積もりの見方は簡単ですね。そういえば、お通夜も告別式もしないのに、「返礼品」や「記帳用の文房具」や「遺族の部屋代」「仕出し弁当代」など色々乗っかっていました。こういうの要らないのか。そうか〜、そう考えると、実にシンプルですよね。

 

分かっているはずなのに、専門家に見積書出されると混乱しちゃんうですよね。

 

パパノリハラだれでもそんなものだよ。私は、プチ葬儀屋ともいえるほど、シンプル葬の葬儀経験豊富なのでね。最初は、けっこうわからなくていっぱい払っちゃったこともありましたよ。葬儀の見積もりは複数の葬儀社からもらうこと、これは絶対だね。ほんと、ちょっと分からないなという顔をするとどんどん吹っ掛ける?からね。あとは、直葬でやるというのを明確にしている業者を選ぶことだね。

 

ヨシノリハラなるほど、整理してもらえると、不安が無くなりました。私の場合は、近隣の葬儀社に飛び込みで相談したので、ちょっと焦りを見られたんですね。なかなか、甘くない業界ですね。やはり大切なのは知識ですね!

 

参考書籍:多様化する生きかた、死にかた: 終活、介護、葬儀、遺品整理まで (Mic9) Kindle版 Mic9 (著)

 

まとめ

直葬・シンプル葬で葬儀を行いたいと願っている友人がいます。その方がタウンページから見た葬儀業者に依頼したところ、見積書で50万を提案されたそうです。まあ、結局は、こんなものなのね。と思っていたようですが、とんでもない!!ほんと、ちゃんと調べないとね。

 

直葬は、葬儀会社がほんと儲からない仕組みになっているんだけど、ほんと、費用かからないので、20万以内では済むはずです。私は、20万以内という条件で複数の見積もりをとりましたが、バッチリでしたよ(【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました)。

 

あわせて読みたい

 

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

葬儀屋なしで葬儀を行うことは可能か
葬儀屋さん無しで葬儀を行うことは実際に可能か考えてみました。私は実際には、多少なりとも業者が必要だと考えてはいます。
【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました
祖母の葬儀に関係して、事前打ち合わせを行います。地元の葬儀社から見積もりを用意して、いくつか選んでおくことで葬儀がスムーズに行きます。
葬儀社が儲ける手口はどこにあるのか?流されないで冷静に判断を。
葬儀社が儲ける手口を知っておくと、いざという時に冷静に葬儀を行うことができます。正当な代価としてのお金を払うことは悪いことではありませんが、喪の悲しみにに付け込んでくる葬儀社は好きではありません。