【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

 

実際に祖母の葬儀の準備を行っている最中ですが、シンプルなお葬式では不安な点がいくつかあり(参考:前もって地元の葬儀社を選ぶ必要)、地元の葬儀社からの見積もりを手元においておいたほうが良いと思いましたので、数社に電話し、葬儀社の見積もりをとってみることにしました。

 

参考:地元葬儀社の見積もり取り寄せサービス

 

以下、このサービスを使ってみた印象をご紹介します。

 

 

地元の葬儀社の一括見積り

まず最初に、地元葬儀社の見積もり取り寄せサービスからメールフォームで依頼を出します。

 

【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

 

連絡方法を選ぶことができますが、私は電話攻勢が嫌いなので、基本的にメールでの連絡を希望しました。このような具体的な要望ができるのは助かります。

(注記:しかし、中継ぎ会社の葬儀レビからは、問い合わせ後にすぐ電話で連絡が来ました。これは必須のようです。市内に住んでいるかどうかとか、亡くなる予定の方の情報、葬儀社に個人情報を伝えてよいかどうか、などを聞かれました。この際に、連絡はメールでお願いしたいと伝えたので、以後の葬儀社からの連絡は基本的にメールで来るようでした。葬儀社の見積もりが郵送で送られるとも言っていました。)

 

【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました
【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

 

具体的な情報をいくつか入力しておくことができます。すべてを電話で伝えたり、葬儀社に行って伝えるのは面倒なので、この辺が、一括でできるのはありがたい気もしました。基本的には、我が家では告別式・追悼式をしない形のシンプルな直葬スタイルにしたいと思っています。その旨を選びます。無宗教式を選んでおけばよいでしょう。

 

無理かもしれませんが15万円という予算にしてみました。

 

【実録】地元の葬儀社と事前打ち合わせをするために見積もりを依頼してみました

 

具体的な要望欄に現状と、シンプルなお葬式を使うかどうか迷っている旨を記しました。ここに、できるだけ、連絡は電話ではなく、メールでお願いしました。今後、一週間以内に地元の葬儀社から連絡が来ることになるようです。まずは郵送での連絡、そして、必要に応じてメールでの連絡。

 

私のほうである程度葬儀社の選定をしましたら、直接、担当者に連絡して、葬儀の準備を具体化させようと思っています。

 

使用した見積もりサイト

地元葬儀社の見積もり取り寄せサービス

まとめ

すべて地元の業者、4-5社から見積もりが届きましたが、その中で、リビング葬を提案してくれた一社には、実際に、足を運び、生前予約まで行うことができました。非常に有用なサービスだったと感じています。

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

葬儀屋なしで葬儀を行うことは可能か
葬儀屋さん無しで葬儀を行うことは実際に可能か考えてみました。私は実際には、多少なりとも業者が必要だと考えてはいます。
葬儀社が儲ける手口はどこにあるのか?流されないで冷静に判断を。
葬儀社が儲ける手口を知っておくと、いざという時に冷静に葬儀を行うことができます。正当な代価としてのお金を払うことは悪いことではありませんが、喪の悲しみにに付け込んでくる葬儀社は好きではありません。
葬儀の見積書の複雑さに惑わされそう?基本の3つの項目に注意するだけ!
実際に葬儀を考えたときに、葬儀社を選ぶことが必要です。病院付きの葬儀社の場合は、知らずに高額になってしまうことがあるため、生前から考えておくことが必要でした。
利益の少ない葬式(直葬)は葬儀社に嫌がられるか?葬儀時のトラブル事例もあり!
直葬やシンプル葬は利益が少ないため、葬儀社に露骨に嫌がられるという事例を聞きました。どうすれば、気持ちよく葬儀を行えるかを考察しました。