火葬式(直葬)の見積もり

火葬式(直葬の見積もり)

火葬式、直葬は葬儀を行う上での最もシンプルなプランです。

 

葬儀とは言いますが、儀式的なものは一切省き、実際に遺体を処理することだけに集中したプランと言えます。さまざまな書籍で勉強した結果、私は「直葬」を選択することにしましたが、このプランの中に含まれているものに関しては具体的に知りませんでしたので、見積をとり、検討しました。

 

以下、参考になさってください。

 

火葬式(直葬)プランに含まれるもの

(2014年末日時点)

費用 14万8000円

棺一式(桐棺・仏衣・棺用布団セット)
ドライアイス3日分
安置料金3日分
骨壷・骨箱
焼香用具
仏具一式(りん等一式)
役所・火葬場手続き代行
寝台車・霊柩車(最長50km搬送/回)二回
火葬料金 15000円以内
運営スタッフ

 

これが、最もシンプルなプランの内容で、さらに上位のプランでは後飾り棚・お別れ花・遺影写真・白木位牌 などが含まれると3〜5万円アップという感じでしたね。

 

もちろん、プランはパッケージ価格となっていますので、不要なものがあっても、それを省くことはできません。(省いたとしても、割引になるわけではありません)私の場合は、仏式では一切行わない予定ですから、たとえば、仏衣・焼香用具・仏具などは不要ですが、不要だからといって減額にはなりませんので、あしからず。

 

この他、事前予約をすると、少し割引になるクーポンなどがついていました。なお、この見積書は仮のものだったようです。実際に葬儀が発生した際には、正式な見積書が発行されるようです。

 

ちなみに、シンプルなお葬式では、さらに上位プランに、

  • 一日葬 27万8000円
  • 家族葬 39万8000円

などがありますが、火葬式との違いは、「葬儀部分」があるかどうか?ということのようです。たとえば、一日葬では「告別式」が含まれています。家族葬では「通夜・告別式」」が含まれています。
花祭壇・葬儀場使用料・受付セット・会葬礼状など、それぞれのランクにより豪華度が違うようですが、私は、儀式部分は一切行わないので、火葬式(直葬)で十分でした。

 

あわせて読みたい

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

シンプルなお葬式とのメール相談やりとり履歴
シンプルなお葬式鰍ンんれびに相談してみました。電話では難しかったのでメールでのやり取りをおねがいしました。大変丁寧でした。感謝。
火葬式(直葬)のオプション料金
シンプルなお葬式鰍ンんれびに相談してみました。私が選択したのは火葬式(直葬)ですが、オプション料金を払えば、ここに自分の好みを追加していくことが可能だということでした。
火葬式(直葬)の代金支払い
火葬式(直葬)の場合、代金支払は現金ですが、葬儀ローン、クレジットなども一部可能なようです。