実際に直葬にかかる費用

実際に直葬にかかる費用

このページは下記書評の一部です。
【実録】一円も使わない終活 がん告知から直葬

 

著者は、夫婦揃って「直葬」で行くと決めていたので、非常に割り切りがよく物事を「淡々」と進めていきます。もとより、親族の葬儀で喪主をしたときにぼったくりとまでは行かなくても、不本意に葬式代金がかさんでしまう体験をしたからだそうです。一度、痛い目を見ると、次はしっかり計画しようと思うようになります。

 

 

「悼む心さえあれば、それで十分だ、と私は思う。当然だが、葬式をしなければ、葬式代はほとんどかからない。外観は質素だが、心をこめて送り出すつもりだ。夫は直葬と決めていた。」(P86)

 

「葬儀社にとっては、一回きりの商売。だから、加算料金狙いで、いろいろなオプションサービスを提案してくる。断るなら毅然と「結構です」と言わないと「おいしい一見の上客」になってしまう。」(P87)


本書の中でも、入院費・治療費と共に、直葬の費用や詳細に関しては、まるまるひとつの章で詳しく扱っている部分です。このサイトでも専門に扱っているテーマなので、私もコメントを入れながら引用してみたいと思います。

 

私も言葉は知っていても、実際の手順の中で参考になる部分が多々ありました。

 

 

直葬は最低いくらでできるのか?

結論から言えば、この夫婦は9万円で直葬をすべて完結させます。すごい安いです。

 

直葬とはいえ、オプション代金の加算に注意

 

「自宅にもっとも近いところに問い合わせてみる。13万円+消費税=14万400円、さらに、火葬代2万円(芦屋市)がオンされて合計16万400円。ここは安置所を持っていないので、「必要ならお寺に頼んであげるが、1泊1万5000円かかる」と言われた。・・・遺体を運ぶ搬送費は、1回めだけが直葬費に含まれており、2回、3回となると、別料金が加算されるところが多い。

 

たとえば「病院→自宅」で1回と数え、翌日の「自宅→火葬場」は2回めだから別途料金となる。「直葬5万円」とうたっていても、どんどんプラスされていくから、よく先方の料金体系を聞く必要がある。」(P89)


そのために複数の葬儀社に電話して確認をして、最低価格で行うための努力を惜しんでいません。著者は、ネットで検索した業者だけではなく、電話でも複数の業者に確認をして、費用を計算していきます。

 

申込者の住所で火葬場の費用が変化することや、搬送費を抑えることを工夫し、最低価格での直葬を実現しました。これは、私がこのサイトでもおすすめしている「シンプルなお葬式」よりも6万くらい安い金額です。私は、シンプルなお葬式の15万というプランには納得しているので、そこまで高いとは思ってはいませんが、実際に直葬で行える業者を選定して細かく詰めていくことでここまで費用を抑えられることを学びました。(シンプルなお葬式は本当に安いのか

 


Happy Pi Day - P versus NP / Takashi(aes256)

 

著者が注意を喚起しているように、直葬の場合は、葬儀社の儲け部分は、ほとんど無いに等しいものなので、オプションにして、どこに費用を加算しようとしているのかをしっかりしっておかねばなりません。私が、以前、調べた、格安葬儀5万円!などの広告も、やはり搬送費が抜けていました。自分で病院から搬送しようと思えばできるわけですが、多くの場合は葬儀社を頼むと思います。その格安葬儀社は搬送費3万円でした。もし、これが病院から自宅まで搬送費3万円、自宅から火葬場までの搬送費3万円という計算だと、トータルで6万円も加算されてしまう計算となります。また火葬場使用料2〜3万もオプション料金となっていました。これで、簡単に10万近く加算されますから、トータルは15万に近くなります。

 

そもそも、納棺や、遺体の処理などもちゃんと、費用の中でやってくれるのか?こういう業者ですと心配になってしまいます。そんなにうまい話はないものです。かなり費用を抑えるために、奮闘しても10万(著者は9万)、まるなげしてまかせてしまえるなら15万というところでしょうか。直葬の相場を知ることができれば、不必要にぼったくられることはありません。

 

また、同じ直葬と行っていても、プランの中のサービスはそれぞれ異なります。とくに遺体安置のオプションに関しては、私も気になって調べたことがあります。

 

遺体はどこに安置されるか、プランをチェック

 

「業者の安置所には有料と無料がある。また、業者が一時的に借りた安置所というのもある。さらに遺体と面会できない安置所もあるから、それらの点を確認しておかねばならない。私が依頼した業者は、安置書をもっており、「棺に小窓はないが、釘を打っていないから安置所でもご対面できます」といった。ただ、プレハブの冷凍小屋のようなところにポ〜ンと安置されるのか、という不安はあった。

 

遺体を自宅や安置所におけない場合は、業者の斡旋するお寺、斎場などを借りることになるが、搬送費と賃料が発生する。このように、直葬の料金は「トータルでいくらになるか」をあらかじめ計算して、業者の選択をしなければならない。」(P92)

 

「遺体を引き取った後、次に遺体と会うのが火葬場、という業者もある。・・・プレハブ小屋に置いた安物の冷蔵庫に放り込まれるかもしれない、と想像していたが、霊安設備、葬儀ホール完備の葬儀社だった。・・・「いつでもお別れができますよ。電話ください。」帰り際おじさんが言った。明日、火葬場に行くまで、いつでも安置所に来ていい、という意味だ。」(P104)


直葬は本当にシンプルなプランなので、著者が言うように、病院から遺体を安置場所に保管するが、面会はできないというところも少なく無いと思います。面会というのも変ですが。遠くから来た親戚が駆けつけても、もう、棺に入れてしまい、保管場所は公開されていないので、会えないということがあるということです。自宅に安置ですと、この問題は生じませんが、アパートやマンション、住宅地の場合は、棺を搬送する難しさを考えると、自宅安置を選択しない人も多いと思います。

 

一般の葬儀プランならば、当然斎場に安置ですが、直葬の場合は、安置施設はあっても、付添安置がが出来ない場合があります。私が見積もりをとった、シンプルなお葬式もそうでした。付添安置のためには、斎場を別途オプションで借りる必要があり、そうなると、一泊5万円とのことでした。けっこうかかりますね。(シンプルなお葬式のオプション )

 

直葬を選択する際には、こうした細かな点も選択しておかねばならないのがわかりました。貴重な実体験によるレポです。

 

あわせて読みたい

 

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク

関連ページ

お別れは生きているうちに
がんは、前からゆっくりやってくるので、お別れをするのに最適だという人もいます。著者がどのように、亡くなりゆくご主人とお別れしたかはひとつの道筋を教えていると思えます。