ボクの「葬式不要論」

自分で決めるお葬式

今からそんなことを言うのは何ですが、私は自分のお葬式・また葬儀後の流れは自分で決めたいと考えています。遺された家族に迷惑をかけたくないという気持ちは小さくありません。また、現実的に葬式にたくさんの費用をかけることはできません。

 

私は、葬儀・葬式に特別な儀式的な意味を持っていませんので、無宗教の形式で、できる限り安く・直葬に近い形での葬儀を希望しています。それぞれの希望があるとは思いますが、自分が考える理想のお葬式をあらかじめ設計しておくために、このサイトを作りました。もちろん、これは自分一人の力では行えないのですが、よく葬儀屋・葬儀会社とコミュニケーションをとり、切羽詰まった状態ではなく事前から話し合っておくことで可能になる方法だと思っています。

 

私がまとめた記録がだれかのお役にたてれば幸いです。

 

対談コンテンツ

ヨシノリハラ ヨシノリハラ(サイト運営者)

もともと葬儀に関心があったわけではありません。まあ、そんな人いないですね。祖父の葬儀や祖母の葬儀など、突然に人が亡くなって、その直後から葬儀セールスが始まる現場を生で何度か見て、もっとシンプルに、もっと自分の思いの通りに葬儀をあげられないのだろうか?と考えるようになりました。そこで、直葬・シンプル葬に出会い、このサイトをまとめ始めました。

 

 

パパノリハラ パパノリハラ(父)

理論的に考える父です。まずは、正確な知識からというのが根本の考えにあります。葬儀に関する知識は、まとめなおしてみると、今は意味を失っている儀式だったり、理路整然としていない伝統だったり、意外にあいまいな状態なのだと分かります。日ごろからよく本を読んで研究しています。

 

このサイトでは、私が葬儀に関して学んだことを追記していますが・・主に、ヨシノリハラとパパノリハラの対談形式で書いています。パパノリハラは葬儀の経験(直葬・シンプル葬儀)の経験が豊富ですので、アドバイザーになってくれています。一人では分からないことも、相談し合うと、色々分かるものですよね。ありがたいです。

 

葬儀屋さんと生前打ち合わせをしてみました。



 

これは、私の考えですが、葬式は儀礼を一切取り去り、
出来る限り「シンプル」にしたいと思っています。
私が実際に打ち合わせ、生前見積もりをした葬儀屋さんを
ご紹介いたします。メールのみでのやりとりも可能です。




直葬・火葬式可能なシンプルなお葬式プランが安い(資料請求)



スポンサードリンク